スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW 2016

今年のGWは、古市古墳群(大阪)とその周辺の竹内街道・東高野街道を歩いてきました。

竹内街道は、いわゆる「大和路」の一部です。
6世紀ごろに整備され、日本初の街道となったそうです。
白鳥のあたりは、日本武尊御陵参拝道となっています。

竹内街道

東高野街道は、平安時代に人気となった高野山詣のために初めて整備された街道で、京都から高野山まで続きます(後にできた街道に、大阪が始点の中高野街道・西高野街道もあります。)。

東高野街道・誉田八幡宮

羽曳野市には、東高野街道沿道に応神天皇御陵と誉田八幡宮があります。
誉田八幡宮は、当初は応神天皇御陵の頂上にあった日本初の八幡宮とされています。


羽曳野市内の旧街道は石畳が整備され、電柱も茶色に塗られるなど他の道路と区別されています。旧街道を残したいという意向があるのでしょう。また、沿道の神社の殆どに百度石(百度参りの際の折返し地点を表す標)があり、熱心な参拝者が昔から多かったことがうかがわれます。さらに、古市古墳群は、百舌鳥古墳群とともに世界文化遺産への登録を目指しています。今回は道を歩くだけで終ってしまいましたが、このような場所はぜひ何度も訪れ、少しでも知識を得られるようにしたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

急行春日

Author:急行春日
やりたいことがたくさんあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンタ
現在の延べ閲覧者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。